結婚の話を聞くとめんどいんですよね。ファングッズ片付けたよ

友人の結婚式に出席した時は紺のアンサンブルを着て行きました。
当時は20代OLで、独身の友人に彼の交際話を聞く事が増えてきたので、当然結婚についての話題に上るようになっていました。当時の彼女はジャニーズの嵐ファンデしたが結婚を機に嵐グッズ 買取りしてもらうことしたようです。卒業ということでしょうね(^.^)
結婚の話が出るようになってからは、冠婚葬祭の本を読んで当日着て行く洋服や結婚式に出席した時のマナーを勉強するようになりました。

私が着ていったアンサンブルはワンピースとボレロがセットになっているもので、ワンピースの袖はフレンチスリーブで、襟はへちま襟。丈は長めでふくらはぎが隠れるくらいでした。結婚式では花嫁さんの白を着るのはタブーなので、白を着て行く事はありません。原色も花嫁より目立ったら
困るので、外していました。当日はあくまでも花嫁が主役なので、露出を抑えめにしたデザインの洋服を身につける事を心がけました。
花嫁と花婿のツーショットを写真に撮りたい人は、着物より洋装を選んだ方が動きやすいので便利です。

結婚式の二次会の招待状に「平服で」と書いてある時がありますが、「平服」を普段着だと勘違いする人がいるかもしれません。「平服」は普段着ではなく、会社の通勤着でカジュアルすぎない洋服という事なので、間違えると一人だけ浮いてしまいます。女性ならワンピースやスーツにアクセサリーやスカーフをつけると、華やかに演出する事が出来ます。
普段の通勤着でもベーシックカラー、特に黒を買っておくとフォーマルシーンでも使う事が出来るので便利です。